PEOPLE人を知る

取締役

藤井 友喜yuuki fujii

1999年入社/
常務取締役

地域を輝かせるために。
「でも・しか」を理由に仕事を選んだスタッフへ、やり甲斐を届ける。

夢だった仕事に就いたり、好きなことで給料をもらっている人はとても幸せですが、ほんのごく一部に過ぎません。大部分がやりたいことが見つからないまま大人になり、「働かないといけない」という意識のもと、消去法で仕事を見つけているのではないでしょうか? 自分はそうでした(笑)。そんな人たちが職場でやり甲斐や生き甲斐を感じないまま年を重ねていくのかというと、絶対に違います。

小売業が主体のコムパスにも、大勢の方が採用の応募に訪れます。入社志望もさまざまです。ただ本音の部分では、「接客業ぐらい〝でも〟」「販売業くらい〝しか〟」という止むを得ない事情が珍しくありません。夢や憧れに繋がる職種というにはほど遠い状況です。
けれども、私たちの仕事は真面目に働けばしっかりと手応えを感じられる血が通った職種です。お客様に役立つことを提供すると、感謝していただけます。お褒めの言葉がいただけます。お喜びいただくことで、スタッフの働くモチベーションが上がる恵まれた環境です。もちろん、そのための仕組み作りにも会社として余念がありません。

本当にやりたいことがある人は、きっとその道に進んで行くのでしょう。とびきり優秀な人は東京へ行ったり、大企業への入社を果たすのでしょう。私たちの会社は地域に根ざした中小企業です。地域を輝かせるために。地元スタッフが仕事にやり甲斐を感じる職種や環境の実現と、そのための育成トレーニングを何よりも大切に考えています。

子どもとスタッフの成長を願う気持ちはまったく一緒。

理論を実践で役立てることができる人材の育成を目指しています。上位資格を取得したり、高いスキルを研修で学んでも、現場でうまく機能していないケースがよくあり、各社のネックに。成功例を見ると、より高度な次元を実現するためには、やはり理論と実践の融合が不可欠になります。
コムパスでは、ロールプレイングを取り入れた実践形式の研修を積極的に行うだけではなく、優れた結果を残したスタッフにヒアリングを行い、理論的に因数分解。その情報を各スタッフへフィードバックさせる教育システムを採用しています。

また社内では、ビジネスに役立つ推薦図書を月替わりで設定。難しいテーマを分かりやすく解説した内容の本を選び、希望するスタッフに無料で配布しています。コムパスならではのユニークな取り組みの一つです。毎回、楽しみにしてくれているスタッフも多く、本の感想を聞くのも楽しみになっています。
余談ですが、我が家でも本を通じた子育てに取り組んでいます。「早く立派に成長して欲しい」という気持ちからですが、その願いはスタッフも同じです。独り立ちすることに寂しさを感じるときもありますが(笑)。

「社長に怒られそうですが(苦笑)、みんなうちにくればいい!」

人生で二度、ドロップアウトしています(笑)。一度目は、化学を専攻していたにも関わらず、大学院進学の夢を諦めて異業種の会社へ就職したとき。二度目は家の事情で地元に帰らなければならなくなり、その会社を辞めたときです。ちなみに、昇進したてで仕事が楽しくて仕方のない頃でした。コムパスへの就職は、二度目のドロップアウトのすぐ後です。また異業種へのチャレンジでした。

両社の経験から共通して言えることは、希望する仕事ではなくても真面目に取り組めば、やり甲斐は必ず生まれるということです。努力が手応えに結びつきやすい業種という点にも助けられました。だから、自分と同じような境遇の人がいれば、また仕事選びで迷っている人がいれば、「うちにくればいい」という気持ちがあります。あまり大きな声で言うと社長に怒られそうですが(苦笑)。

今後はドロップアウトした経験を踏まえて、スタッフ一人ひとりに合った働きやすい環境をさらに整備することが目標です。もちろん、より大きなやり甲斐の確保は言うまでもありません。三度目のドロップアウトはありませんので(笑)。